幼保連携型 認定こども園  

ゆき保育園

 
 トップ ページ 園の概要施設紹介保育方針保育時間
入園案内子育て支援お知らせ年間行事 
 079-452-3613           

 675-0313
  兵庫県加古川市志方町投松182

 
 
         以前の行事  
   
いいね!    
10月 
 
  もも組  運動会に向けて

 運動会に向けて、バルーンを練習中!
 体育館は広いけど、遊戯室では壁ギリギリになってしまいます。でも、子ども達は当日、年長児として「小さなお友達にかっこいい所を見せたい!」という思いと、保護者の皆さんからの拍手喝采を想像し、技を磨くことに余念がありません。
 当日は、みどり組さんとタイミングを合わせ、ばっちり技も決めてくれる事と今からワクワクしている職員一同です。
 
 
 
 しろ組  運動会に向けて

 10月8日(土)に予定している運動会に向けて、応援旗を作成しました。
 赤、黄、オレンジ・・・用意された絵具を絵筆にたっぷり付けて、思いっきり大胆に描いています。
 順番を待つお友達の待ち遠しい表情から「ねえねえ・・早く代わって」と聞こえてきそうですね。
 
 
 
 まっしろ組    9月のある日

 まっしろ組のお部屋のドアを出た廊下の突き当りに、虫博士(き組担任 廣居先生)作、下駄箱を利用した小さな昆虫博物館があり、季節の昆虫が飼育展示されています。
 まっしろ組のお友達は、このコーナーが大好き!今は、かなぶん、かたつむり、かに、かまきり、すずむし、メダカの生態が間近で観察できます。
 
 9月
 
 8月31日(水)  しろ組 楽しかった水遊び

 この夏も、園にある全てのビニールプールやタライ、テントにビニールシートやターフを総動員して水遊びをしました。
 最初は水がかかっただけで大泣きしていたお友達も、日を追うごとに大胆になり、水をかけたりかけられたり、自ら土の上に水をまき、どろどろの中で足踏みしたり座り込む姿が見られるようになりました。
 
 
 
  8月19日(金)  もも組 水遊びと競争と

 暑い暑い夏。水遊びもいろいろやりつくした感のある日、担任からバケツリレーの提案がありました。個々で容器を選んでどの入れ物が一番たくさん入るのか?や運び方で水の量は変わるのか?等、色々遊びながら試した後に、2チームに分かれて後ろ向きバケツリレーをしました。
 ルールは「出来るだけたくさん水を残した方が勝ち」なのですが、ついつい焦ってしまいますよね~⁉
 
 
 
 8月17日(水)   まっしろ組の生活の一コマ

 「毎日暑くてなかなかお外で遊べないね~‼」 でも、大丈夫!お部屋は、あっという間にアスレチック広場に大変身!登るも、くぐるも、でんぐり返しも思いのまま遊べます。
 お山の向こうをのぞき込み、「私、次は何をしようかとワクワクしているの~」と聞こえてきそうですね。
 
 
 
 7月31日~8月9日  国際交流

 この夏、PHD協会とご縁があり、留学生を受け入れました。事前健康診断をすべてクリアして、ネパールから日本の幼児保育を学ぶためにやってきたアシカさんです。
 最終日には、協会が撮影したアシカさんの暮らしている町や家、食事風景のスライドが上映されました。もも組の園児は、アシカさんの片言の日本語に聞き入り、ネパールの暮らしを学びました。
 
8月 
 
 7月25日(月) ALT活動 みどり、もも組

 昨年に引き続き、加古川市学校教育課から派遣された外国人講師によるALT活動が当園で行われました。
 みどり組(4歳児)は始めて触れ合う外国人講師にも関わらず、オーバージェスチャーの講師の動きを真似て満面の笑みでゲームに積極的に参加していました。
 もも組(5歳児)はNEC活動後、帰園してからの参加でしたが、公民館でお世話になった講師とはまた違った個性の先生の魅力に引き込まれるようにオーバージェスチャーを楽しんでいました。
 
 
 
  7月25日(月) NEC活動 もも組(5歳児)

 3年ぶりに志方公民館のホールをお借りして、しかたこども園のお友達と合同でNEC活動が行われました。
 コロナの影響で、小グループに分かれての活動が主にはなりましたが、たくさんの外国人講師に圧倒されながらも、英語で進められるゲーム等を楽しみました。
 
 
 
 7月7日(木)  七夕夏祭り

 コロナの第7波の影響で、今年も盆踊りはなく、クラス単位の活動となった七夕夏祭り会
 七夕様の大型絵本を読んでもらい、各クラス楽器演奏を披露しました。
この日のために作り貯めた笹の葉飾りと各人の願い事を笹に付け持ち帰りました。
 みんなの願いが天に届きますように・・・
 
 
 
 7月上旬から  プール&水遊び

 毎日暑い日が続きますが、火・水・金の週3日は、園のプールやバケツ、ビニールプール等をフル稼働して水遊びを楽しむ子ども達です。
 
7月 
 
 6月23日(木) もも組(5歳児) バス遠足

 バス遠足で赤穂海浜公園に行ってきました。
三田市の「人と自然の博物館」から昆虫博士をおよびして、虫がいるポイント、虫かご、虫網の扱いを教えてもらった後、海浜公園の野原や、浅瀬の海周辺で昆虫やカニ、貝を捕まえようと必死に走り回った子ども達。昆虫やカニたちも「捕まっては大変!」とばかりに素早く逃げていきます。それでも何とか全種類1~2匹は捕まえて、風通しの良い日陰で拡大鏡を使って観察しました。
 帰りのバスの中では、9割方がお昼寝タイムとなりましたが、駐車場に着くとさっと目を覚まし、園舎まで歩いて帰ってきました。
 
 
 
  6月20日(月) しろ組(1歳児)

 楽器遊びをしました。手首を上手に使って鈴を鳴らした後は、「お胸ピタ!」とお休みです。 「僕上手にできたでしょ⁈」 と得意げな顔に見えますね。
 
 
 
 6月17日(金) もも組(5歳児) お楽しみ会

 お泊り保育は出来なかったけれど、午後から、夕飯のカレーやサラダづくりをしました。野菜の皮むきや包丁を使って切り分けもし、玉ねぎ炒めはフライパンからこぼれたり焦げることなく上手に出来ました。
 思い出の品(ランタン)製作。お土産ゲットのオリジナルビンゴゲーム。
キャンプファイヤーに花火と盛りだくさんでしたが、みんなルールを守って楽しく過ごすことが出来、20時に解散した際は、保護者の方に満面の笑顔を見せていました。
 まだまだwithコロナの生活が続きますが、これらの経験が子どもの成長につながることを祈っています。
 
 
 
 6月6日(月) トライやるウィーク始まり

 3年ぶりに中学生のお姉さんが3人職業体験に来てくれました。
サツマイモの苗を一緒に植えたり、園庭で一緒に滑り台を滑ったり、日課で乾布体操もしました。最終日には紙芝居を読んでくれてとても楽しかった。
お姉さんたくさん遊んでくれてありがとうございました。
 
6月 
 
 5月20日(金)  玉ねぎ収穫

 令和3年度(4歳児の時)に植えた玉ねぎが収穫時を迎え、お家に持ち帰る1個をじっくり品定めしました。両手で掴んで力任せに引っ張ってみたけどイメージしていた通りに抜けません。保育士のアドバイスを思い出し、何度か前後に揺すってからもう一度チャレンジしてみたら、スポッ!大きな玉ねぎが現れ大喜びです。
 
 
 
 5月20日(金)  降誕会

 今年も感染症対策の為、クラス単位での降誕会を行いました。
 どのクラスも、5月当番の田中先生の話を、背筋を伸ばししっかり聞くことができました。数珠を持ち神妙な面持ちで合掌し、仏様のお誕生日をお祝いをしました。
 その後に飲んだ「甘茶」は好評で、お代わりを希望する声が上がりました。
 
 
 
 5月16日(月)  ラディッシュ収穫

 園庭で、プランターに自分たちで種を蒔き、水をやり、葉っぱがどんどん大きくなるのを毎日観察し、どんな野菜が出来る?食べる日はいつ?と楽しみにしていたラディッシュを収穫出来る日が来ました。
 摘まんで優しく揺すって、土から赤い実が表れた時は「うわ~ぁ!」と声が上がりました。
 収穫したばかりの新鮮な内に給食の先生に調理してもらい、昼食の一品でいただきました。普段はお野菜苦手なお友達も、笑顔で一瞬で完食していました。
 
5月 
 
 4月20日(水) れんげ畑で
 地域の方から、「摘んでもいいし、走り回っても大丈夫」とお声がけいただき、みどり組(4歳児)、もも組(5歳児)がれんげ畑へ。
 2クラスでお邪魔しても十二分に遊べる広大な畑で、レンゲ草やシロツメ草を繋げて冠やブーケを作りを保育者に教わりました。茎の折れやすいれんげを繋げるのに四苦八苦する姿が見られたり、「みてみて~ふかふかやで~」と言いながら寝っ転がったり、追いかけっこをしたりと思いっきり楽しみました。

 
 
 
 4月14日(木) チューリップ畑へ
 加古川市立総合体育館南側に美しいチューリップ畑を発見!早速、もも組さんを誘ってお出かけです。多種多色なチューリップに興味深々の子ども達。お互いに気付いたことを話し合い、また次なる発見に繋げていました。
 無断で南宗寺納骨堂駐車場に、園児の昇降だけのつもりで駐車させていただいたのですが、偶然お会いできたご住職様のやさしさに触れ、園児の活動中もずっと駐車させていただきました。この畑は門徒さんの畑で、チューリップの球根をご住職様はじめ門徒様で協力して植えて行かれた事や花が咲くまでの苦労話等お忙しい時間を割いてお話してくださいました。
 大変お世話になりました。ありがとうございました。
 
 
 
 4月6日(水) そろばん作り
 もも組(5歳児)令和4年度最初の習い事はそろばん教室でした。
 ドリルを開き、線の上をなぞったり、点つなぎのワークを楽しんだ後は、次のお教室から使う“そろばん”を作りました。大人は傍で見守るだけ。金槌やドライバーを使い、数を数えながら珠を入れていく作業の全てを自分だけで行います。解らない所は手を挙げて質問します。説明を受けた行程が終わると手を挙げて知らせ、次の工程の説明を受けます。
 誰一人ふざけることなく、素晴らしい集中力を発揮し、“Myソロバン”を完成させました。
 
 
 
 4月1日(金)~お花見
 今年は天候に恵まれ、上山八幡様の桜の花の見頃が長く、各クラス、何度も散歩に出かけたり、桜の木の下にシートを敷いておやつを食べたりと、お花見を堪能しました。
 写真は2歳児(あか組)
 樹木の背丈が高すぎるのか、桜というよりは足元の自然に興味深々でしたが、爽やかな春の風を感じながらのんびりタンポポ摘みや昆虫観察を楽しみました。
 
4月 
 
 3月28日(月)  卒園式

 遊戯室にて厳かに行われた修了証書授与式
 短い準備期間しか取れなかったにもかかわらず、堂々と証書を受け取る姿に成長を感じることが出来ました。
 式後、快晴の下、4歳児さんからメダルを贈られ、2階ベランダから他の在園児さんにも見送られ立派に巣立っていった5歳児さん。小学校に行ってものびのびと元気に頑張ってください。 
 
 
 
 3月11日(金) 生活発表会

 コロナの影響で2月に予定していた発表会が延期になりました。入場人数の制限、クラスごとの入れ替え制、家庭での検温・消毒等の徹底などコロナ対策をしかりして開催することが出来ました。子ども達の頑張る姿を見て頂けたことに職員一同安堵いたしました。
 
 
 
 3月4日(金) 消防署との合同避難訓練

 加古川中央消防署の方と合同で「火災避難訓練」を行いました。日頃の訓練が認められ、非常にスムーズに避難を無事終えることが出来ました。
 避難後、消防署員の方による、逃げ遅れた方の救助活動や、実際火事になった場合の煙が充満したお部屋の様子を学習することが出来て、貴重な体験になりました。
 
 
 
 3月3日(木) おひな祭り会

 園のおひな祭り会の後に、妖精のようなお姉さんが現れて、楽しい音楽に乗せて、何を作り始めました。何を作っているのかヒントをもらいながら、考える子ども達。細長い風船がお姉さんの手元でどんどん動物の形に出来上がっていく様子をワクワクしながら見つめていました。
 最後に、お内裏様とお雛様と雪洞のバルーン作品が登場して、バルーンお雛様飾りの完成です。
 
 
3月 
 
 2月28日(月) けん玉に挑戦!

 志方小学校との交流会で教えてもらうはずだった「竹製のけん玉」
DVDを見て、しっかり学習した後、少人数のグループに分かれて挑戦しました。時間の許す限り、何度も挑戦しましたが、5年生のお兄ちゃんの様には出来ませんでした。おうちの方と再挑戦の約束をして持ち帰りました。

 志方小学校の先生方、5年生の皆さんありがとうございました。
 
 
 
 2月22日(火) 志方小学校との交流会

 コロナの影響で、延期が続いていた小学5年生との交流会が実現できず残念に思っていましたが、小学校の計らいで、自主製作DVDが届き、もも組(5歳児)が小学校での過ごし方を学習し、5年生と行うはずだったゲームのルールや注意事を教わることが出来ました。
 
 
 
 2月3日(木) 節分

 クラス毎に豆まきをしました。
 き組(3歳児)のクラスは、担任手作りの絵本を鑑賞し、士気を高めて「悪い鬼をやっつけるぞ~えいえいおー!」の掛け声の後、鬼役と豆まき役の2組に分かれ、豆まきを楽しみました。
 
2月 
 
 1月18日(木)  マラソン大会を行いました。

 雪がちらつく寒い日。それでも子ども達は目を輝かせ園庭に集合です。
 1歳児、2歳児は園庭のトラックを数周、首を竦めながらも、みんなの声援を受けながら走り切りました。
 3歳児からは成長に応じ700メートル、900メートル、1000メートルを走りました。曲がり角の角々に立つ職員や人々の声援を受けながら、アップダウンのあるコースにも果敢に挑戦して走り切り、ゴールテープを切る子ども達の姿は満足感があふれていました。
 
 
 
 1月17日(月)   英語活動支援事業に参加しました。

 ALTのリッチー先生に、2021年度3回来園いただき、4歳児5歳児の教室に関わっていただきました。
 3回目になると人見知りもなく、自ら英語でHeyと話しかける場面も見られ、楽しく参加することが出来ました。
 
 
 
 1月12日(水)  5歳児参観日(そろばん)を行いました。

 6月に配信で行った「そろばん参観」を今回は保護者の方に見守っていただける中で行えたことを嬉しく思います。
 子ども達は今までにない緊張感に包まれていました。
 
1月  
 
 12月24日(金) クリスマス会

 コロナも少し落ち着いたので、久しぶりに全園児遊戯室に集まって、クリスマス会をしました。
 5歳児によるハンドベルの演奏で始まり、合奏、職員の寸劇、サンタさん登場、キャンドルサービス等々盛りだくさんの会となり、シーン毎に、真剣な表情、げらげら大笑いの表情、サンタさんに質問したくて「はい!」「はい!」と元気に手を上げ積極的な表情等、たくさんの表情を見ることが出来ました。
 
 
 
 12月21日(火) もも組 お正月フラワーアレンジメント

 5歳児(もも組)対象に、フラワーアレンジに挑戦しました。
 用意された15種以上の植物の中から、花3種、実2種以内のルール以外は自由であることを伝え、講師の見本を一瞬見せてもらってスタートしました。
 同じ植物でも葉の付き方も枝ぶりも違い、長いままの子、短く切る子等様々で、個性豊かな躍動感ある作品が出来上がりました。
 
 
 
 12月14日(火) お正月遊び

 クラス毎にかるた取りをして遊びました。写真は3歳児(き組)の様子です。子ども達に「“あ”の付くものは?」「“い”の付くものは?」と意見を集め、職員手作りのかるたで遊びました。
 ルールもしっかり守れ、もう1回!と何度もリクエストがあり、読み手と取り手に分かれるなどして、何度も遊びました。
 28日(火)には、子ども達が作った“凧”を、クラス単位で、園庭や野原に出かけ凧揚げも楽しみました。
 
12月 
 
 11月26日(金) 加古川市総合運動公園

 爽やかな秋晴れの日、保育園から徒歩で、総合運動公園まで散歩に行ってきました。
 どんぐりや松ぼっくり等、園の近くにはない珍しい形の物や、色とりどりの落ち葉が子ども達のテンションを高め、異年齢で収集したり、フープや追いかけっこをして遊びました。
 お母さんが作ってくれたお弁当も美味しくいただきました。
 
 
 
 11月8日・12日 お芋ほり

 コロナ対策もあり、2歳児さんから5歳児さんまでのお芋ほりを2日に分け、畑で入れ替え制でお芋ほりをしました。
 子ども達はお芋の蔓の生え際を目印に掘り進め、お芋が見えると「せんせ~おいもあった~」と大きな声で報告し、その後も一生懸命掘り、掘り起こせた時には歓声を上げていました。
 イノシシ対策の柵作りやセンサー設置など、地域の方のご協力のお陰で、大きなお芋を収穫することが出来ました。
 ありがとうございました。
 
 
 
 11月6日(土) 楽市(日岡山公園)

 イベントに「ゆき太鼓」で出演してきました。
コロナ対策が講じられ太鼓とお客様との距離は離れていましたが、堂々と元気良く叩き切り、舞台を降りて来た子ども達の笑顔から、成長を感じることが出来ました。
 園児代表でインタビューに答えてくれた2人も、司会者の無茶ぶりに柔軟に対応できており、普段とは違う一面を見ることが出来ました。
 
 11月
 
 10月25日(月) 民俗芸能鑑賞会

 雨天のため遊戯室での鑑賞会となってしまいましたが、子ども達は心地よく体を揺らした太鼓と篠笛の演奏に始まり、職員が成功するのか固唾をのんで見守ってくれた職員参加の南京玉すだれ、小さなお猿さんの演技に大笑いした猿回し、急に前列が空席となった獅子舞と盛りだくさんの鑑賞会を楽しみました。

 最後に、獅子舞に頭を噛んでもらう場面では、無病息災・学力向上を願う4歳児5歳児の有志が次々に前に出てきて、胸の前で手を合わせ神妙な面持ちで噛んでもらうことが出来ました。
 
 
 
 10月23日(土) 運動会

 今年度も「志方体育館」をお借りして運動会を行いました。
 保護者の方々のたくさんの拍手に包まれて、年齢にかかわらず、真剣に取り組む園児たちの顔はまぶしく輝いており、成長を感じることが出来る一日となりました。
 
 
 
 10月13日(水) 大道芸鑑賞

 「こんな時だからこそ笑いましょう!」
と言うことで、大道芸人「栗煮空さん」をお迎えしてジャグリングやマジックを鑑賞しました。
 園児をアシスタントに、巧みな話術と技術で、子ども達の視線はくぎ付けになり、思い切り笑うことが出来ました。